加藤鮎子は元夫宮崎謙介の妻金子恵美と友人関係?出身高校など学歴も!

人物
スポンサーリンク

2023年9月に発足された内閣改造人事で、加藤鮎子議員が最年少で初入閣が決定しましたね!

今回の内閣改造人事で、最年少での入閣で大きな注目を浴び、『こども政策担当大臣』に就任した加藤鮎子議員とは一体どんな人なのか、気になりますよね?

今回の記事では、加藤鮎子議員の元夫である宮崎謙介さんの現在の妻・金子恵美さんと友人関係だという噂の真相と、出身高校や大学などの学歴と議員になる前の経歴などについて詳しくお伝えしていきます。

今回の記事でわかること!

加藤鮎子の元夫・宮崎謙介の妻、金子恵美との友人関係の噂はホント?

◆加藤鮎子の出身高校や大学などの学歴は?

◆加藤鮎子のプロフィールと経歴は?

スポンサーリンク

加藤鮎子の元夫は宮崎謙介で妻の金子恵美とは友人関係?

加藤鮎子議員は現在結婚していますが、2回目の結婚であり元夫は元衆議院議員の宮崎謙介さんだということがわかりました!

もっと驚きなのは、加藤鮎子議員と宮崎謙介さんの現在の妻・金子恵美さんは友人関係だという噂があるということです!

加藤鮎子議員と宮崎謙介さんは、2006年に結婚し2009年に離婚されています。

真相は定かではありませんが、週刊誌の報道によると、宮崎謙介さんは加藤鮎子議員の父である加藤紘一氏の地盤を狙って加藤鮎子議員と結婚したとのことです。

ですが、宮崎謙介さんの女性問題が原因で結局わずか3年で離婚したとのことです。

加藤鮎子議員と宮崎謙介さんの間には子供はおらず、加藤鮎子議員の子供2人は現在のご主人との子供だということです。

「金子議員は、同じ自民党所属で同年代の加藤鮎子衆院議員(36)、大沼瑞穂参院議員(37)とよく女子会を開いているんです。党の女性局の会合の後なんかに、月に1回は3人で会っているようですね」(国会議員の1人)

引用元:https://jisin.jp/domestic/1621418/

自民党の中には野田聖子議員が主催する女子会なるものがあり、そこに加藤鮎子議員と金子恵美さんも参加していたそうですよ!

月に1度は集まって食事をする関係性だということです。

月1で女子会って、めっちゃ仲良しですよね!

「結婚前、金子議員が宮崎氏との結婚を女子会で相談すると、案の定、全員から猛反対されたそうです」(国会議員の1人)

とくに身を以て痛い目を見た加藤議員は、こう言って強く止めたという。

「女癖の悪さで私も別れたんだから、あの男だけはやめときなよ!女癖と高飛車な態度は絶対治らない。恵美ちゃんはわかってない!」

引用元:https://jisin.jp/domestic/1621418/

そして、金子恵美さんは宮崎謙介さんと結婚する前に、加藤鮎子議員に結婚の相談をしていたというからびっくりですよね!

元奥さんに結婚の相談をするって、かなり仲良くないとできませんよね!

元妻と現在の妻が一緒に女子会を開くのも、お互い全く気にならない程、加藤鮎子議員は現在幸せな人生を送っているってことなんでしょうね!

共に子供を持つ母として、女子会では子育てトークで盛り上がっているのかもしれませんね!

加藤鮎子の出身高校や大学などの学歴は?

ここからは、加藤鮎子議員の出身高校や大学などの学歴について、詳しくお伝えしていきます。

出身高校:慶應義塾女子高等学校

出身大学:慶應義塾大学法学部

出身大学院:コロンビア大学国際公共政策大学院 国際公共政策(経済)修士

加藤鮎子の出身高校は?慶應義塾女子高等学校

加藤鮎子議員の出身高校は「慶應義塾女子高等学校」です。

慶應義塾女子高等学校出身の有名人

・向井千秋(宇宙飛行士)    ・小宮山泰子(衆議院議員)

・勝間和代(経済評論家)    ・弘中綾香(アナウンサー)

・芦田愛菜(女優)       ・紺野美沙子(女優)

慶應義塾女子高等学校の偏差値は77とかなり高いです。

そして大学進学率は毎年ほぼ100%とのことで、超難関の進学校です。

この学校の出身者を見てもわかるように、女性初の宇宙飛行士や、政治家、経済評論家など、多方面で活躍する、自立した女性を多く輩出している学校です。

加藤鮎子の出身大学は?慶応義塾大学

加藤鮎子議員の出身大学は「慶応義塾大学」です。

慶應義塾女子高等学校からそのまま、慶應義塾大学法学部に進学されています。

慶応義塾大学出身の政治家

・小泉純一郎       ・石破茂

・小沢一郎        ・河野太郎

・甘利明         ・海江田万里

慶応義塾大学の出身者には、多くの著名人がいますが、その中でも多くの政治家を輩出しています。

加藤鮎子の出身大学院は?コロンビア大学国際公共政策大学院

加藤鮎子議員の出身大学院は「コロンビア大学国際公共政策大学院」です。

加藤鮎子議員は、大学卒業後に一般企業に就職後、野田聖子議員の秘書として経験を積まれました。

その後、アメリカのコロンビア大学国際公共政策大学院に留学しています。

コロンビア大学大学院の同窓生には、同じ自民党の小泉進次郎さんがいます。

加藤鮎子のプロフィールと議員になる前の経歴

ここからは、加藤鮎子議員のプロフィールについて詳しくお伝えしていきます。

名前加藤鮎子(かとう あゆこ)
生年月日1979年4月19日
年齢44歳(2023年9月現在)
出身地山形県鶴岡市
経歴組織開発コンサルティング企業に勤務
・野田聖子議員の秘書を務める
・コロンビア大学に留学帰国後に、国際交流NGO勤務
・経営戦略コンサルティング企業勤務
・父親である加藤紘一議員の秘書を務める
所属政党自由民主党  谷垣グループ
趣味ダンス・バスケットボール
家族夫・長男・次男

加藤鮎子議員は、過去に官房長官や幹事長を務めたことで有名な政治家であるあの加藤紘一氏の娘として政治家一家に生まれました。

山形県出身の現在44歳で、2人のお子さんの母でもあります。

慶応義塾大学卒業後に一度、組織開発コンサルティング企業に勤務します。

その後、野田聖子議員の秘書をとして政治の世界を経験し、コロンビア大学院へ留学・修了して帰国後には、国際交流NGOに勤務します。

その後経営戦略コンサルティング企業での勤務を経て父親である加藤紘一議員の秘書として働きはじめます。

加藤鮎子議員は、父である加藤紘一氏が政界を引退した後に衆議院山形3区の地盤を引き継ぐ形で政治家としての歩みをスタートさせました。

加藤鮎子の議員当選後の経歴

議員当選後の経歴

2014年:衆議院選挙で初当選(現在3期目)

2019年:環境政務官に就任

2021年:国土交通政務官に就任
2023年:こども政策担当大臣に就任

加藤鮎子議員は、当選回数は3回で過去には環境政務官や国土交通政務官を経験されています。

今回の内閣改造人事で、加藤鮎子議員は『こども政策担当大臣』に就任されました。

現在結婚して2人のお子さん母でもある育児の経験を活かし、『こども政策担当大臣』として今後の活躍に期待したいですね。

まとめ

今回の記事では、2023年9月の内閣改造人事で、女性大臣としても、最年少大臣としても注目を集めている『こども政策担当大臣』に就任された加藤鮎子議員について詳しくお伝えしてきました。

加藤鮎子議員の元夫は、元衆議院議員の宮崎謙介で、宮崎謙介さんの現在の妻である金子恵美さんとはかなり親しい友人関係にあるという驚きの事実も判明しました。

そして加藤鮎子議員は、加藤紘一氏の娘で、山形県出身の現在44歳で、2人のお子さんの母でもあります。

高校や大学は、慶應義塾女子高等学校から慶應義塾大学へと進み、コロンビア大学院へ留学するなど、政治家によくみられる、まさに絵にかいたようなエリート街道を進まれてきた方だということがわかりました。

2児の母である加藤鮎子議員には、子育ての経験を活かし、こども政策担当大臣として活躍を期待したいですね!

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
taeをフォローする
happysmile

コメント

タイトルとURLをコピーしました