富栄ドラムの四股名は冨田から富栄!本名や力士引退理由についても!

人物
スポンサーリンク

富栄(とみさかえ)ドラムさんは、YouTubeやTikTokで人気ですが、最近はドラマにも出演し、俳優としても活躍されています。

日曜劇場「VIVANT」では、阿部寛さん演じる野崎の仲間役である、ドラム役を演じています。

「VIVANT」のドラム役では、日本語は聞き取ることができるが、話すことはできず、スマホの音声翻訳アプリを使ってコミュニケーションをとるという設定が、斬新で面白いと話題になっています。

富栄ドラムさんが演じる、ドラム役がとても可愛いすぎて虜になりそうと、今話題になっていますよね。

最近では活躍の幅を広げ、俳優としても大人気の富栄ドラムさんですが、元々は力士。

力士時代の四股名や本名、なぜ力士を引退したのか、気になりますね!

そこでこの記事では、

◆富栄ドラムの力士時代の四股名は?

◆富栄ドラムの本名・年齢などのプロフィールは?

◆富栄ドラムの力士引退の理由は?引退後の目標は?

について、詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

富栄ドラムの力士時代の四股名は冨田から富栄!

現在は俳優としても大活躍中の富栄ドラムさんの力士時代の四股名が何だったのか、気になりますよね?

早速、富栄ドラムさんの力士時代の四股名について調べてみました!

富栄ドラムさんの四股名は「富栄(とみさかえ)」でした。

相撲界に入った当時の四股名は本名である「冨田」でしたが、2008年に「富栄」に改名されました。

富栄ドラムさんは、中学卒業後に伊勢ヶ濱部屋に入門し、13年間力士として活躍してきました。

168cmという小柄な体格ながら大きな相手に挑む姿にはファンも多く、人気となりました。

伊勢ヶ濱部屋に在籍していた、富栄ドラムさんは、元横綱の日馬富士さんや大関の照ノ富士さんなどの付き人も務めていました。

富栄ドラムさんは自身のインスタグラムで、モンゴルで元横綱の日馬富士さんと再会されたことを紹介しています。

きっと「VIVANT」の撮影でモンゴルに行かれた際に、再会されたんでしょうね。

富栄ドラムの本名・年齢などのプロフィール

「VIVANT」のドラム役で一躍大人気となった、富栄ドラムさんの、詳しいプロフィールが気になりますよね?

ここからは、富栄ドラムさんの本名や、年齢などのプロフィールについてご紹介していきます。

富栄ドラムさんの本名は冨田龍太郎という名前で、兵庫県神戸市北区の出身の31歳です。

「VIVANT」での役柄もあり、一見、モンゴル人?かと思いましたが、富栄ドラムさんは日本人です。

名前富栄(とみさかえ)ドラム
本名冨田龍太郎(とみた りゅうたろう)
生年月日1992年4月11日
年齢31歳(2023年8月現在)
出身地兵庫県神戸市北区
力士現役時代の身長、体重167.9㎝、122kg
力士時代の番付最高位は東幕下6枚目

幕内力士の平均身長は185㎝、平均体重は162kgといわれているので、富栄ドラムさんはとても小柄であったことがわかりますね。

冨栄ドラムさんは中学校卒業後の15歳で相撲界に入り、初場所は16歳の頃、平成20年3月場所でした。

引退後に開設したYouTubeチャンネルでは、モノマネを披露したり、「富栄に相撲で勝ったら10万円」という企画などを配信していて、人気です。

現在は俳優業はもちろん、YouTubeやTikTokでも人気の富栄ドラムさん。

富栄ドラムさんといえば「バク転」ができることでも有名です!

引退後の初めての民放テレビ出演が、2022年10月フジテレビで放送された「衝撃早ワザ映像150連発!世界スピードスターGP」

そこで、体重120kgで連続バック転を決める映像が流れ話題となりました。

その後、2023年5月には大相撲を舞台にした、一ノ瀬ワタルさん主演のNetflix配信ドラマ「サンクチュアリ-聖域-」で俳優デビューを果たしました。

富栄ドラムの力士引退の理由は?

現在はYouTubeやTikTok、俳優としても大人気の富栄ドラムさんですが、なぜ力士を引退したのか理由が気になりますよね?

そこでここからは、富栄ドラムさんの力士引退の理由について、詳しく調べてみました。

富栄ドラムさんの、力士引退の理由は、怪我である股関節痛と腰痛であることがわかりました。

2020年には腰のヘルニア手術も受けましたが、その後腰の痛みや股関節の痛みが改善されず、激しい稽古についていくことが難しくなり、この状況でこれ以上番付を上げるのは厳しいと判断し、泣く泣く引退を決意したといいます。

富栄ドラムさんは中学校卒業後の15歳(2008年3月)で相撲界に入り、2021年3月に引退しています。

兄弟子からも持ち前の明るいキャラクターで可愛がられ、後輩からも慕われていた富栄さんの引退を惜しむ人は多かったようです。

生涯戦績は258勝245敗29休で、あと少しで関取になれるというところで力士現役生活に幕を閉じました。

富栄ドラムの引退後の目標は?

富栄ドラムさんの引退後の目標は一体何なのか気になりますよね?

早速、富栄ドラムさんの引退後の、今後の目標について調べてみました!

引退後のインタビューでは、YouTubeのチャンネル登録者数を1万人くらいに増やして、幅広く多くの人に好まれるチャンネルにしたい、YouTubeの収益よりも、有名になるのが一番の目標とも語っています。

2023年8月現在、YouTubeのチャンネル「ブヒブヒパーリー」のチャンネル登録者数は4万6千人を超えていますので、この目標は既に達成されていますね。

そして、鍛えた身体と運動神経を生かしたアクション俳優になり、ドラマや映画などの作品に携わり、多くの人の記憶に残る存在になりたいという目標もあるようです。

まとめ

今回は、日曜劇場「VIVANT」でドラム役が超可愛いと話題の、富栄ドラムさんの

・力士時代の四股名

・本名、年齢などのプロフィール

・引退の理由と引退後の目標

について詳しくご紹介してきました。

富栄ドラムさんの力士時代の四股名は、「富栄」で、本名は冨田龍太郎(とみた りゅうたろう)さんで

兵庫県神戸市出身の31歳であることがわかりました。

引退理由は、怪我である股関節痛と腰痛で、引退後の目標は、力士時代に鍛えた身体と運動神経を生かしたアクション俳優になり、多くの人の記憶に残ることであることがわかりました。

元力士という異色の経歴の持ち主である、富栄ドラムさん。

YouTubeやTikTokで人気ですが、俳優としても今後の活躍にますます期待ですね!

これからも注目していきたいと思います!

それでは、今回はここまでとさせて頂きます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
taeをフォローする
happysmile

コメント

タイトルとURLをコピーしました